とある大学生の随想録

本州最西端の地からエキュメノポリスへ

ぼくは

自分のことを無条件に肯定してくれる存在が欲しい…でも、その心地の良い環境に甘んじると成長が止まるよって話