とある大学生の随想録

本州最西端の地からエキュメノポリスへ

実感?(エセー)

「卒業」の実感が湧かないとあなた方は言うが、「卒業」の実感が湧くのは「卒業」したまさにそのときではなく、それぞれが新しい道を歩き始めたとき、またその様子をSNSで目にしたときだと私は思うぞ。

そのときにふと「無常」を感じ、胸に寂しい風が吹く。


f:id:werther00:20180305094056j:image

 

今月は『ツァラトゥストラはかく語りき』の下巻とヘッセの小説を幾つか読むつもりでいる。

 

私もあなたもただの通りすがり